ホーム > これまでの実績 > エノモトの海外工場をフル活用して30%の原価低減を達成

エノモトの海外工場をフル活用して30%の原価低減を達成

国内で量産化している製品を海外工場で量産化する。簡単そうに思えますが、そこにはいくつかの障壁があります。

そのひとつが、鍍金の品質。
リードフレームの生産に、鍍金は欠かせません。ところが、海外の鍍金工場で日本と同じ品質を保てるところは皆無といってもいい状況です。
リードフレームの生産において、鍍金の品質は非常に重要。LEDの輝度は、形状と鍍金の成分、そして素材の成分によって左右されます。空気中のわずかな成分の違いで、同じ鍍金を使っても輝度や耐久性に違いが出てしまうのです。
また、海外の工場では、一度結果を出した鍍金を同じクオリティで保つという品質管理の徹底がされていないのが普通です。

エノモトは海外生産を視野に入れてから20数年間、現地工場やスタッフとの信頼関係を築いてきました。それは単なる『発注業者と受注業者』という関係ではなく、時にはきびしい要求を突きつけて、モノづくりに対する意識改革にまで踏み込んできました。
その成果として、現地工場の管理面での取り決めを共有するまでに至り、海外生産時の品質管理に自身を持てる体制を整えています。

品質管理水準を日本基準で維持しながら海外での量産化に成功し、30%のコストダウンを達成した事例も生み出すことができました。

現在エノモト自社工場ではフィリピンで鍍金加工が可能ですが、中国での生産体制の整備も間もなく整います。また鍍金メーカー様を限定することなく、対応することも可能です。エノモトの海外ネットワークからユーザ様の海外工場に納品するご要望も、今後ますます増えてくることが予想される中、ユーザ様のご要望にできる限り応えられる体制作り、それもユーザ様目線のモノづくりの一部であるとエノモトは考えています。

弊社では無料の技術相談も承ります。お気軽にお問い合せください。お問い合せフォームはこちら

フィリピン 検査員
フィリピン 検査員

フィリピン 検査風景
フィリピン 検査風景

フィリピン 金型メンテナンス
フィリピン 金型メンテナンス