ホーム > これまでの実績 > 20倍の耐久性を持つ究極の金型で大幅なコストダウンを達成

20倍の耐久性を持つ究極の金型で大幅なコストダウンを達成

金型には当然のことながら寿命があります。大量生産していくうちに磨耗し、徐々に製品の品質は落ちていきます。どこかのタイミングで金型を取り替える必要が出てきます。
金型を取り替える際、どのようなコストがかかるでしょうか。

  1. 金型本体のコスト
  2. 生産ライン停止によるロス
  3. 新しい金型の更新認定

金型本体の他にもコストはかかってきます。
エノモトでは独自の特殊加工技術により通常の20倍の耐久性を持つ金型を研究・開発しました。素材の選定から加工方法の検討、製作・テストを繰り返し、構想から3年間をかけてようやくたどり着いた長寿命金型です。
社内テストの結果、従来の金型の20倍のショットが可能になり、さらに限界ショット時の品質の向上も確認済みという優れものです。

試験内容 連続加工による検証と結果 (ダイ メンテナンスサイクル) 試験内容 連続加工による検証と結果 (パンチ メンテナンスサイクル)
限界ショット後の外観比較 (ダイ側) 限界ショット後の外観比較 (パンチ側)
パーツ部品の磨耗比較(1) パーツ部品の磨耗比較(2)

この長寿命金型を導入するメリットとして以下の点が考えられます。

[コスト改善]

  1. 生産性・稼働率アップによるランニングコストの削減
  2. 更新認定頻度の削減

[品質維持]

  1. パーツ部品の長寿命化による変化点の安定

[納期厳守]

  1. リードタイムの短縮

特に大量生産が見込まれる製品の金型に、長寿命金型が大きな力を発揮します。

弊社では無料の技術相談も承ります。お気軽にお問い合せください。お問い合せフォームはこちら

津軽工場生産ライン
津軽工場生産ライン

金型メンテナンス
金型メンテナンス