沿革

年月 事項
1967年4月精密金型の製作及び当該金型による電子部品等のプレス部品加工業を目的として、神奈川県津久井郡相模湖町に株式会社榎本製作所を設立。
1969年12月業務拡張のため、山梨県北都留郡上野原町に上野原工場を新設。
1973年3月神奈川県津久井郡相模湖町より山梨県北都留郡上野原町に本社を移転。
1985年3月コネクタ用部品の拡販を図るため、神奈川県津久井郡藤野町に藤野工場を新設。
1987年4月LED用リードフレームの拡販、金型部品加工の効率化を目的に山梨県塩山市に塩山工場を新設。
1990年7月株式会社榎本製作所より株式会社エノモトに商号を変更。
1990年11月日本証券業協会に店頭登録。
1991年6月青森県五所川原市に株式会社津軽エノモトを設立。
1993年5月自社ブランドである金型用ガイドマックスの開発に成功し、販売を開始。
1995年3月岩手県上閉伊郡大槌町に岩手工場を新設。
1995年8月上野原工業団地内に上野原工場を移転。
1995年10月フィリピン共和国にENOMOTO PHILIPPINE MANUFACTURING Inc.を設立。(現 連結子会社)
1997年8月株式会社岩手エノモトを設立し、岩手工場を営業譲渡。
2000年11月中華人民共和国香港にENOMOTO HONG KONG Co.,Ltd.を設立。(現 連結子会社)
2001年1月中華人民共和国広東省中山市にZHONGSHAN ENOMOTO Co.,Ltd.を設立。(現 連結子会社)
2003年4月本店所在地を上野原町上野原8154番地19に変更。
2004年4月子会社の株式会社津軽エノモトと株式会社岩手エノモトを吸収合併し、津軽工場及び岩手工場を設置いたしました。
2004年12月日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所(現大阪証券取引所ジャスダック市場)に株式を上場。
2013年7月大阪証券取引所と東京大阪証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQに上場。